So-net無料ブログ作成
検索選択

【親善試合】日本代表対オマーン [日本代表]

親善試合があったもを忘れていたよ。日本代表は控えメンバー中心で臨んだオマーン戦だが。

前半は大迫の2得点を挙げでノリノリでしたね。パスも繋がったし。前半は2-0で折り返す。

後半も浅野がPKを決めたり、ロスタイムに小林が得点したりと、いい流れで4-0で勝利した。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

AFC U-19選手権バーレーン2016 PK戦の末、大会初優勝を飾る! [日本代表]

U-19日本代表が、初のアジア制覇をPK戦の激闘の末、サウジアラビア代表を下し初優勝した。

U-19で日本が初優勝とういのも驚きだが、この世代が2020年のオリンピック代表として活躍してくれるであろうから、2017年韓国U-19が楽しみですね。もちろん現地に行くのですが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-19日本代表 5大会ぶりとなるW杯に出場権獲得 [日本代表]

U-19日本代表がタジキスタンを4-0で勝利し、 5大会ぶりとなるW杯の出場権獲得しました。

5大会ぶりとなるFIFA U-20W杯韓国2017への出場決定です。俺も3決と決勝を見に行くぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 オーストラリア代表対日本代表 [日本代表]

試合開始が早かったので、試合が終わってから結果を知った次第。前半の5分の本田からの原口のスルーパスは良かった。それを受けた原口が冷静にゴールに流し込んで先制する。その後日本がチャンスを作れただけに、追加点を挙げて欲しかったのだが、前半は0−1で折返した。

後半の6分にペナルティエリア内で原口がユリッチを倒してしまいPKを献上。それを決められ同点に追いつかれる。その後オーストラリアの時間となってしまったが、終盤に日本が反抗に出る時間も有ったが、追加点を挙げる事が出来ず。日本代表は1-1のドローで試合を終了する。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 日本代表対イラク代表 [日本代表]

ここで負けたら最終予選通過も難しく、監督も解任も煮えてくる試合。絶対に負けられない。

前半序盤のイラクがCKからのシュートがバーを叩いたのは肝を冷やした。その後も日本がチャンスを作るも点に繋がらなかった。しかし28分に原口がパスカットするとカウンターを仕掛ける。清武がドリブルで上がると、本田を経由し清武がゴール前に上げると走り込んだ原口がヒールで押し込んで先制する。その後も日本は攻め続けるが、前半は日本優位で1-0で終了する。

後半は日本も攻めるが、イラクのカウンターも鋭い。15分にFKからイラクに押し込まれ同点に追いつかれる。日本が何度も攻めてもゴールが遠かったが、ロスタイムに入ると、清武のFKが一度は弾かれるが、山口がこぼれをミドルで叩き込み、劇的な点を上げ日本は2-1で勝利した。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 タイ代表対日本代表 [日本代表]

行ってきましたタイ戦が行われるラジャマンガラスタジアムへ、アウェイ感が満載だったな。
DSC03115.jpgDSC03121.jpg
前半から雨に降られながらも日本ペースで試合が進み、中盤でパスカットすると、直ぐにサイドに展開し攻撃を仕掛けるが、タイの粘り強い守備で中々ゴールを奪うに至らない。でも左SBの酒井の上がりは良い物が有った。そして何度かのチャンスの後、19分に酒井のクロスをゴール前に攻め入った原口がヘッドで合わせて先制だ。そこまでは良かったが、その後がダメだ。本田の空回りが始まり、空振りやヘッドで合わせてもゴールを割れない。点が取れそうな場面でも本田が無理して流れが良くない。タイのカウンターも怖かったが、前半は0-1で折返せた。

後半になるとホームの声援に背を押されたタイが猛攻を仕掛ける。決して上手くはないが気迫のこもった突破は肝を冷やすが、日本DFが冷静に対応していたが、攻撃陣か如何せん上手く回らない。何度もチャンスを作れても粘り強い守備に防がれる。しかも暑さから攻め疲れて足が止まり出す始末。70分のタイのシュートは西川が何とか防いでくれた。75分にやっと長谷部のスルーパスに反応した浅野が突破を図り、GKに当たりながらもゴールを決めた。その後タイに押し込まれるが、タイがレッドカードで退場者を出しと、日本は積極的に選手を交代し、試合が拮抗しだし、試合を優位に勧められる様になり、日本代表はタイに0-2での勝利を飾った。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯アジア最終予選 日本代表対UAE代表 [日本代表]

アジア最終予選のUAE戦。勝ってこれからの戦いに、弾みを付けなければならない初戦だが…

前半の11分に清武のFKをファーに居た本田がヘッドで押し込んで先制したが、20分にUAEにもFKを直接決められてしまった。日本がチャンスを数多く作るも、前半は1-1で折返す事に。

後半開始9分に大島がUAEの選手をPA内で倒してしまいPKを献上する。それを決められ逆転を許す。その後攻撃的な選手を入れて勝ちに出るが、浅野のシュートもゴールラインを割った様に見えたがノーゴール。点を取れる時に取っておかない為、日本はUAEに敗戦する事となる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表 [日本代表]

W杯アジア最終予選のUAE代表とタイ代表戦のメンバーが発表されました。元ウチの子太田宏介が選出されていますね。今はオランダで頑張っているんだな。遠くまで行ってしまったな。

UAE代表戦はテレビ観戦になるが、タイ代表戦は現地で観戦する。でもバンコクでの試合は、チケットで色々と問題が出ているので、ちゃんと観戦で出来るかが心配だが、楽しみだな。

GK
東口 順昭 ヒガシグチ マサアキ(ガンバ大阪)
西川 周作 ニシカワ シュウサク(浦和レッズ)
林 彰洋 ハヤシ アキヒロ(サガン鳥栖)
DF
長友 佑都 ナガトモ ユウト(インテル・ミラノ/イタリア)
槙野 智章 マキノ トモアキ(浦和レッズ)
森重 真人 モリシゲ マサト(FC東京
太田 宏介 オオタ コウスケ(SBVフィテッセ/オランダ)
吉田 麻也 ヨシダ マヤ(サウサンプトン/イングランド)
酒井 宏樹 サカイ ヒロキ(オリンピック・マルセイユ/フランス
酒井 高徳 サカイ ゴウトク(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子 源 ショウジ ゲン(鹿島アントラーズ)
MF
長谷部 誠 ハセベ マコト(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
柏木 陽介 カシワギ ヨウスケ(浦和レッズ)
香川 真司 カガワ シンジ(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
清武 弘嗣 キヨタケ ヒロシ(セビージャ/スペイン)
山口 蛍 ヤマグチ ホタル(セレッソ大阪)
大島 僚太 オオシマ リョウタ(川崎フロンターレ)
FW
岡崎 慎司 オカザキ シンジ(レスター・シティー/イングランド)
本田 圭佑 ホンダ ケイスケ(ACミラン/イタリア)
小林 悠 コバヤシ ユウ(川崎フロンターレ)
原口 元気 ハラグチ ゲンキ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美 貴史 ウサミ タカシ(FCアウクスブルク/ドイツ)
武藤 嘉紀 ムトウ ヨシノリ(1.FSVマインツ05/ドイツ)
浅野 拓磨 アサノ タクマ(アーセナル/イングランド)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オリンピックグループリーグ 日本代表対スウェーデン [日本代表]

ナイジェリア頼みだが、勝利すればグループリーグを2位通過が出来る日本代表頑張ってよ。

前半からゆっくりしたペースで攻めるスウェーデン。サイドからスピードを活かした早い攻撃で攻めたい日本。何度も縦への突破でチャンスを作るも、スウェーデンの堅い守備を崩すに至らなかった。試合を支配しているうちに点を取らないと痛い。前半はチャンスを生かせず0-0。

後半はスウェーデンが疲れから足が止まり出し、守備を固めてカウンターで攻める形に変えてくる。日本も試合を支配していてもスウェーデンの堅い守備を崩せない。リズムを変える為にFWを変えて仕掛けた。そして20分に左サイドからのクロスに矢島が合わせて先制点を上げ、その後も追加点を挙げるべく果敢にしかけるが追加点を挙げれずに、試合は1-0で日本が勝利。

グループ1位で通過が決っているナイジェリアが負けてしまったので、日本は3位に終った。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オリンピックグループリーグ 日本代表対コロンビア [日本代表]

日本代表は前節の反省から前半は確りとブロックを作って守りに徹していた為、前半は大きなチャンスを作れなかったが、コロンビアにも仕事をさせていなかった。前半は0-0で折返した。

しかし、後半になるとコロンビアがメンバーを入替勝負に出る、日本は暑さと疲れからか守備のリズムが崩れ出し、14分にPA内にグティエレスがパス交換の後、シュートを放つもDFの足に当たり、ゴールに吸い込まれる。しかも20分に藤春がクロスの処理を誤りオウンゴール。日本のミスから与えた失点は痛過ぎた。しかしその2分後に南野のスルーパスに反応した浅野がシュートを決めて1点返す。この後はコロンビアが動けなくなった所を日本が崩しにかかるが、最後に崩さなかったが29分にバイタルエリアから中島がミドルシュートを放ち同点に追いつく。この後は両チームとも消耗して、効果的な攻撃は出来なかったが、両チームとの死闘を繰り広げ2-2のドローで試合が終了する。そして最終戦のスウェーデンで勝って2位位通過しようぜ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ