So-net無料ブログ作成

天皇杯3回戦 長野パルセイロ対横浜FC [横浜FC]

連戦が続くので天皇杯は控え中心で臨む横浜FC。長野も控えが多いみたいだけど勝ってくれ。

前半は26分にペナルティエリア内で、横浜のDFの連携ミスから、左右に振られると、塩沢をフリーにして先制点を挙げられる。横浜は控え中心で連携が良くなく、前半は0-1で折返した。

後半の5分にやっと大久保がシュートで同点に追いついたが、その1分後にカウンターでコンハードに振切られて逆転を許してしまう。得点の後の集中力の欠如はイカンよ。その後長野が勝ち急いでくれた事により、22分にPA内でボールの処理を誤り、長野がファールを犯しPKを獲得。それをイバが冷静に決めて同点。両チームとも鬩ぎあうが、前後半を終え2-2で延長戦へ。

延長前半11分にFKからゴール前に詰めたアインがヘッドで押し込んで3点目を挙げ優位に立つが、その後と延長後半は長野に押し込まれ終始守備に追われるが、横浜FCが2-3で勝利した。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0