So-net無料ブログ作成
検索選択

オリンピックグループリーグ 日本代表対コロンビア [日本代表]

日本代表は前節の反省から前半は確りとブロックを作って守りに徹していた為、前半は大きなチャンスを作れなかったが、コロンビアにも仕事をさせていなかった。前半は0-0で折返した。

しかし、後半になるとコロンビアがメンバーを入替勝負に出る、日本は暑さと疲れからか守備のリズムが崩れ出し、14分にPA内にグティエレスがパス交換の後、シュートを放つもDFの足に当たり、ゴールに吸い込まれる。しかも20分に藤春がクロスの処理を誤りオウンゴール。日本のミスから与えた失点は痛過ぎた。しかしその2分後に南野のスルーパスに反応した浅野がシュートを決めて1点返す。この後はコロンビアが動けなくなった所を日本が崩しにかかるが、最後に崩さなかったが29分にバイタルエリアから中島がミドルシュートを放ち同点に追いつく。この後は両チームとも消耗して、効果的な攻撃は出来なかったが、両チームとの死闘を繰り広げ2-2のドローで試合が終了する。そして最終戦のスウェーデンで勝って2位位通過しようぜ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0