So-net無料ブログ作成
検索選択

J2第14節 横浜FC対セレッソ大阪 [横浜FC]

サスパクサツに0-3と敗戦し、連敗が許されない状況だけに、ホームで勝って欲しいのだがな…

前半、セレッソがこれほどヒドいのは初めて見ました。3TOPに攻撃を任せ、7人が守備に回り、ドン引きで何処のJ2チームだと思える程の守備的な姿。しかも中盤がボールを持てていないので、横浜がパスカットし何度かチャンスを作れていたが、点に繋がらなかったのが痛かった。もっともっとセレッソを追い込みたかったが、前半は0-0のスコアレスドローで折返した。

後半は流石にセレッソも修正してきて、中盤で華麗なパス回しが戻り、横浜に自由に試合を作られてくれなかった。セレッソの左SHが全然止められなかったので、バイタルエリアを使われまくりでピンチを何度も凌ぎ耐えていた。87分にカウンターから佐藤のクロスに合わせた市村が押込んで先制点を挙げるも、89分にCKからブルーノにボレーで押込まれる。なぜ得点後に集中を切らせてしまうか。ロスタイムのFKも点に繋がらず、1-1でのドローで試合が終了する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0