So-net無料ブログ作成
検索選択

なでしこ2部 第7節 ASハリマ アルビオン対横浜シーガルズ [横浜FC]

中々思う様に勝てない横浜シーガルズ。2強他弱のうちになんとか活路を見出したいのだがな…

前半序盤の2分に加賀のパスに走り込んだ岩木がシュートを放つも、GKに弾かれるが、そのこぼれ球を押込んで先制。その後失点をしない様に粘っていた様だが、12分にハリマのアシュリーンに決められ同点。その後膠着するが、38分に石原の得点で突き放しても、又40分にアシュリーンに取り返されてしまう。得点後失点する癖が出てしまった。そして前半は2-2で折返す。

後半は一進一退の時間が進むが。両チームとも早めに選手を交代させ現状打開を図っていく、だが39分に右サイドからのクロスを山本が合わせて勝ち越せ、2-3で横浜が打ち合い制す。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

山崎光弘

試合結果だけ見ると打ち合いに思うかもしれませんが、基本seagullsのペースで崩して攻撃。シュート数16-6を見るとそれがわかると思います。相手のシュートはほとんどがseagullsのミスからカウンターを喰らったもの。2失点も同じケース。うち1本はオーストラリア代表の角度のない所からの女子ではあまり見られないすごいゴールでした。
by 山崎光弘 (2016-05-04 08:00) 

カシム

オーストラリ代表のアシュリーンの個人技に決められた様ですね。
横浜FCのアウェイ番長がシーガルズのも影響してしまったかな。
by カシム (2016-05-07 10:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0